アフィリエイトのノウハウ、情報、お知らせ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

2016年下半期に提携解除やアカウント凍結となった不正事例

2016年下半期に提携解除やアカウント凍結となった不正事例をご案内します。
知らず知らずのうちに不正行為をしてしまわないように、サイト運営にお役立てください。

【不正事例】 リーチサイト

そのサイト自体で著作権違反をしていないとしても、違法にアップロードされたアニメ等の動画共有サイトへ送客することでアクセスを得ているサイト(リーチサイト)は不正サイトです。
例えば、『アニメ◯◯の第1話をこの動画サイト(違法)で無料で見ることができます』というようなことを書いているサイトです。

【不正事例】 公開禁止されている情報を公開している

特に金融系のプロモーションにおいては、見せ方を慎重にする必要があります。
プロモーション説明文等に記載されている禁止事項をよく読まずに、公開禁止されている情報を公開しているケースがありました。
プロモーション説明文はしっかり読みましょう。

【不正事例】 不正サイトの繰り返しの提携申請

不正認定され、提携解除となったあとも、新たに同じサイトを新規登録し、再度提携申請をするケースがあります。
これは特に悪質と判断し、アカウント凍結につながります。

【不正疑義事例】 不正が明らかに多発しているテンプレートを使っていて、かつ、連絡が取れない(成果発生について合理的な説明がつかない)

不正が多く発生しているサイトテンプレートは存在します。
不正にあたる行為を有料などで教えている人がおすすめしているのではないかと推測しています。

それらのサイトテンプレートを利用している場合には特に注視して状況をチェックしています。
抜け道を作ることにつながる可能性があるため、それがどのようなサイトテンプレートであるかは公開しませんが、サイトテンプレートを使うときにはそのテンプレート提供者がまっとうな人であるかをしっかりチェックしてから使うようにしましょう。

【不正疑義事例】 ドメインにサービス名を含めたサイト

アフィリエイトサイトのドメイン内に広告主の会社名やサービス名を日本語や英語で含めているケースがあります。
広告主によっては許容していることもありますが、ほとんどの場合はNGです。
避けるようにしましょう。

まとめ

不正は必ず見つかります。
もしもアフィリエイトでは不正をしっかり監視し、厳粛に対処しています。
知らず知らずのうちに不正に手を染めてしまっていたということにならないように十分に注意しましょう。

ぜひ健全にサイト運営をし、広告主、消費者に喜ばれるサイトへと育てあげて、多くの報酬を手に入れてください!

2016年上半期の不正事例の記事はこちら

関連記事