アフィリエイトのノウハウ、情報、お知らせ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

さいつくに自動挿入される「noindex」metaタグについて

さいつくで検索エンジンスパムを防ぐために
「トップページに400文字以上含まれていないと、サイト公開(更新)時に検索エンジンに認識されないようにするmetaタグが自動挿入される」
ようになりました。

背景

さいつくは簡単にアフィリエイトサイトを作ることができるツールです。
ただし、簡単すぎたことが1つの要因で、検索エンジンに好まれにくいサイトが多く作られてしまうことがありました。
そこで、検索エンジンから好まれにくいサイトを減らすことができればと考え、今回の対応となりました。

内容

「トップページに400文字以上含まれていないと、サイト公開(更新)時に検索エンジンに認識されないようにするmetaタグが自動挿入される」ようになりました。

トップページに400文字以上含まれていないと、以下のmetaタグが挿入されます。
<meta name=”robots” content=”noindex,nofollow” />

これは、サイト公開(更新)時に適用されます。
サイト公開(更新)するときには、トップページに400文字以上入力するようにしてください。
ただし、「あああああああ」などと意味がない文字列で400文字書くことはNGです。

※文字数はひとまず現在は400文字を基準としていますが、今後の状況次第で文字数の基準は変更する可能性もございます。その際は改めてご案内します。

サイト訪問者に価値あるサイトへと育てていきましょう。

補足

また、今後、”明らかな検索エンジンスパムサイト”や”コンテンツなしに放置されているサイト”はシステムや目視でチェックし、強制削除されていくことになります。
通常に運営されているサイトであればまったく問題ございませんので、ご安心ください。

“明らかな検索エンジンスパムサイト”、”コンテンツなしに放置されているサイト”の例

・キーワードツールから取得したキーワード一覧をそのまま記事内に貼り付けている
・人間が読むことができない意味不明な文章が書かれている
・バナーを貼り付けただけや1文の自己紹介だけでコンテンツが何もなく、かつ、半年以上放置されている

関連記事