アフィリエイトのノウハウ、情報、お知らせ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

サイトは1つ1つ細かく登録するべきか、大きいドメイン単位で登録するべきか

a1180_014664

http://example.com メインサイト
http://example.com/creditcard/ クレジットカード比較サイト
http://example.com/waterserver/ ウォーターサーバー比較サイト
http://example.com/reform/ リフォーム比較サイト

この4つのサイトを持っているときに、ASPにはどのようにサイト登録しますか?

・http://example.com だけを登録して、あとはその下位層にあるから登録しない
・http://example.com と http://example.com/creditcard/ を登録して、あとはあまり力を入れていないから登録しない
など、人によって登録のしかたが違うのではないかなと思います。

もしかしたらあまり深く考えずにサイト登録をしている人もいるかもしれません。
でも、これはメリット、デメリットがあるので、それを理解した上で登録した方が良いです。

http://example.com だけを登録

a1180_007552

http://example.com だけを登録すると、手間がとても少ないです。
広告主とのサイト提携も http://example.com だけをすれば良いですし、アフィリエイトリンクもページごとに発行する必要もなさそうに感じます。

しかし、大きな問題は「提携解除」や「罰則」を受けたときです。

http://example.com/creditcard/ に消さなければいけない表記を残してしまい、広告主やASPから
「いますぐ消してください。そうでないと、提携解除をしなければいけなくなってしまいます」
と警告が来たとします。

このクレジットカード比較サイトは毎月10万円の成果を出している大事なサイトです。
しかし、なんと警告メールを見逃してしまい、提携解除をされてしまいました。
せっかく10万円の報酬があったのに、これで0円です。

しかも、ASPへの登録は、http://example.com としていたので、http://example.com/creditcard/ だけではなく、http://example.com 全体との提携解除となりました。

リフォーム比較サイトの方でもクレジットカードの成果が毎月5万円ほど出ていたのですが、これも0円になってしまいました。

このように、http://example.com だけを登録すると、管理の手間は少なくなりますが、提携解除のときのリスクがとても大きくなります。

http://example.com だけではなく、http://example.com/creditcard/ も、他サイトもすべて登録

a1180_014663

http://example.com メインサイト
http://example.com/creditcard/ クレジットカード比較サイト
http://example.com/waterserver/ ウォーターサーバー比較サイト
http://example.com/reform/ リフォーム比較サイト

この4つをそれぞれASPにサイト登録し、広告主との提携もそれぞれ別に実施すると、手間がかかります。
アフィリエイトリンクも別々に発行しなければいけません。

しかし、これには大きなメリットがあります。
前述したような提携解除が起きたときに、提携解除となるのは該当するサイトだけで、他サイトには影響しません。
(よほど悪質な行為でその人自体の信頼度が低くならない限りは)

また、ASP内のレポートページにおいても、それぞれ個別にデータが表示されるため、状況分析もしやすいです。

ドメインごとではなく、テーマごとにサイト登録をするべき

a0960_004163

手間がかかるからと、ドメイン単位でサイト登録をするとリスクが大きいです。わかりにくいということを理由に、広告主とのサイト提携審査が通らないこともあるでしょう。

ドメイン単位で登録するのではなく、テーマごとに登録をしましょう。
一般消費者から見たときに、これで1サイトだな、と思える単位です。

もし現時点で「1つのドメインのなかに複数サイトを置いているが、大元の1つしかサイト登録していない」という状況にあるのであれば、いますぐに改善をしましょう。サイトテーマごとに登録をし、アフィリエイトリンクも発行しなおしましょう。

手間がかかりますが、しかたありません。これをしないということは、とてもリスクが高い状況を今後も続けるということです。

あとで後悔しないようにいまのうちに対処しておきましょう。

関連記事