アフィリエイトのノウハウ、情報、お知らせ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

本1冊書くくらいの覚悟でサイトを作れば結構うまくいく

キリン01

最初はあんなにやる気があって絶対うまくいくと思っていたはずなのに、気がついたらサイトを更新する頻度がどんどん下がって今は放置状態。

こんなサイトをいくつも持っている人は多いと思います。

最初のハードルをあげておく

キリン02

ブログの無料アカウントを作ればすぐにサイトはできあがるし、レンタルサーバーを借りてドメインを取得すれば数時間でサイトはできちゃうし、サイト運営を気軽にはじめられるとてもよい環境が整っています。

だからこそ、少し最初のハードルをあげておくというのは1つの手です。

「あ、そういえば自分は昔サッカーやってたし、サイト作ってみようかな」
「このおもしろい形のボールペンは欲しい人いるだろうな、サイト作ろう」

とフットワーク軽くサイトを作り始めるのは悪いことではありません。
フットワークの軽さはとても大切です。

しかし、これまで何度も作っては放置して、作っては放置して、とサイトをたくさん作り続け、それらのサイトでほとんど成果があがっていないのであれば、いったんやり方を見なおしてみることが良さそうです。

そのためには自らフットワークをあえて重くすることです。

本1冊書くくらいの覚悟で

キリン03

1つのサイトを作りはじめたら、3ヶ月はそのサイトにかかりっきりになる。

本1冊分くらいの文章量を書くつもりでサイトをはじめる。

その覚悟を持てないサイトは作らない。

こう意識すると、はじめにくくなる代わりに、1つのサイトをきっちり育てあげるという経験ができます。
どんな競合サイトがいるのか、どのくらい記事を入れればアクセスが伸びてくるのか、どのくらいアクセスが伸びれば成果が生まれはじめるのか、成約率が高い記事はどんな記事なのか、ということがより明確に見えてくるはずです。

これらが経験として自分に積み上がっていくと、次にフットワーク軽く動くときにも「こういう記事を書けば成約率が高いよな」と効果的な記事を書くことができるでしょう。

次に作るサイトは、本1冊書くくらいの覚悟でサイトを作りはじめるのはどうでしょう。

関連記事