アフィリエイトのノウハウ、情報、お知らせ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

アフィリエイトでうまくいっているサイト運営6パターン

かもめ

アフィリエイトサイトでうまくいっているであろう6つのパターンを取り上げます。
おそらくほとんどの人のサイトはこのいずれかにあてはまるのでないでしょうか。

1)上位表示できればほぼ確実に成果が出る特定のキーワードを強く狙ってSEOをする

主な必要スキル:特定キーワードを狙ったSEO力

「育毛」「クレジットカード」など、特定のキーワードを狙ってSEOをする方法です。
そのキーワードで上位表示されれば月数十万円から数百万円の報酬が生まれ、もし落ちてしまったらほぼ0円になるというハイリスクハイリターンの手法だと思います。
SEO力の勝負です。

この方法はさらに以下の2つに分けて考えることもできます。
・とにかくそのキーワードでの上位表示だけを意識しているサイト
・そのジャンルに特化した総合情報サイトのように大規模に育てあげてそのキーワードでの上位表示を強く意識しながらもロングテールも意識しているサイト

2)特定のキーワードを強くは意識せず、ロングテールキーワードを中心に集客する

主な必要スキル:コンテンツ作成力、アクセス分析力

特定のキーワードを意識はしているものの、ロングテールキーワードの成果の方が大きく、特定のキーワードで順位が上がらなかったとしても数万円から数十万円の報酬を出す方法です。

トップページの上位表示ではなく、各記事ページがロングテールキーワードで上位表示されることを意識しています。
競合があまり強くないロングテールキーワードを探したり、成果に結びつきやすいロングテールキーワードを探したり、キーワード探しが重要です。
また、そのキーワードで検索している人のニーズにあったコンテンツを幅広く揃えていくことも大切です。

3)突発的に需要が伸びた流行商品を紹介して集客する

主な必要スキル:情報収集力、スピード対応力

テレビなどで紹介され、突発的に需要が伸びた商品やサービスを紹介することで成果を伸ばします。
突発的に現れた需要には競合サイトも対応できていないないことが多く、誰よりも早く良い記事を書けば多くの成果を出せる可能性があります。
ただし、その商品需要は一時的なものが多いため、また次の突発需要商品が現れるのを探すというサイクルを続ける必要があります。

4)1つのブログを更新し続けることでブログ読者を作り、かつ、各記事がスモールキーワードで上位表示されることを意識し、固定読者と検索経由で半々程度の集客をする

主な必要スキル:コンテンツ作成力、自己プロデュース力、アクセス分析力

いわゆるブログでのアフィリエイトです。
自分が得意なジャンルでブログ記事を更新し続けることで、1人また1人と読者が増えていきます。それらの読者はRSSやtwitter、facebookページなどをフォローし、固定読者となっていきます。

また、更新を続けることでドメインも強くなっていき、各記事がロングテールキーワードで上位表示されやすくなっていきます。

この固定読者と検索エンジン経由のアクセスの両輪でアクセス数が伸びていき、アフィリエイト成果を作り出していきます。

5)1つのブログを更新し続けることでブログ読者を作り、ソーシャルやブログ名自体で検索して訪れる人を集客をし、固定読者をメインとする

主な必要スキル:コンテンツ作成力、自己プロデュース力

ブログアフィリエイトでより強く固定読者を意識する方法です。
ブログの記事タイトルでもSEOのキーワードはほぼ意識せず、固定読者に読んでもらうためのタイトル付けをします。
ブログやブログ著者の認知度、ブランド力を高めていき、ソーシャル経由での集客だけではなく、「このブログが更新されたら確実に毎回読んでいます」という強い固定読者を増やしていきます。

6)ソーシャルで話題になったり、他ブログやサイトで継続的に紹介されるような独自性があるサイト(ツール)とする

主な必要スキル:発想力、開発力、サービス運営力

ここまでの5つと比べると、毛色が少し異なり、幅も広いです。
コンテンツを作り、検索経由やソーシャル経由で集客するのではなく、独自性のあるツールや独自性のあるサービスを作り、話題になることで集客を狙います。
「このツール便利です」「こんなサービスができたようです」「このサイトはよく使っています」とブログやニュースで紹介されることを意識します。
集客マーケティングだけではなく、ビジネスセンスが必要でしょう。

まとめ

これらがすべてではないとは思いますが、ほとんどの場合、このいずれかに該当するのではないでしょうか。

まだうまく成果が出ていないのであれば、上記のいずれかを意識してみると良いかもしれません。
やってみないとわからないかもしれませんが、自分に合うと思えるものが良いと思います。

関連記事