アフィリエイトのノウハウ、情報、お知らせ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

アクセスが集まらないサイトで何をすればいいのか悩んだら2000文字✕20記事書く

鳥

サイトを作ったけど、1日のアクセスが3しかない。
どうすればアクセスが増えていくかもわからない。
目の前が真っ暗。

ほとんどのサイト運営者はこんな経験を何回もしているのではないかと思います。

そんなときはとにかく「2000文字✕20記事書く」ことが良いかもしれません。

2000文字✕20記事書くと何が起きるのか

2羽の鳥

検索エンジンはとても精度があがっていて、しっかりと記事を書けば、被リンクがほとんどなくても様々なキーワードで上位表示されやすいです。
ひとむかし前まであった「良い記事なのに被リンクがないからアクセスも集まらない」という現象がどんどん改善されていっているのではないかと思います。

サイト内にある程度コンテンツがあれば、単一キーワード(例:クレジットカード)では難しくても、数単語の複合キーワード(例:クレジットカード 未成年 年会費無料 即日)で上位表示されることは期待することができるでしょう。
単一キーワードで上位表示させて多くのアクセスをかせぎたいとは思いますが、まずはここからです。

また、良い記事を書くためには文章を書くことに慣れる必要があります。

文章は訓練です。
これまで多くの文章を書いてきた人はどういう構成にすれば読みやすいか、どんな言葉遣いをすればいいかということをあまり深く考えずにできることでしょう。

このためにも2000文字✕20記事書くというのは効果的です。
この量は、少し苦労をしないと書けません。その苦労が文章を書くことに自分を慣れさせてくれます。

複合キーワードでのアクセスが増えてきたら

集団の鳥

複合キーワードでのアクセスは以下の方法でチェックすることができます。
ここだけはチェックした方が良い。アクセス解析(グーグルアナリティクス)の2つの項目

複合キーワードでのアクセスが増えてきたら、その周辺は競合サイトが多くない可能性があるのではないかと考えられます。

サイトを作ってまだ数ヶ月で、被リンクもほとんどなく、コンテンツも数十ページである状態で
「クレジットカード 未成年 年会費無料 即日」
といったキーワードでアクセスがあるということは、そのキーワードにマッチしたサイトがあまりいない(自分のサイトがマッチしている)、と考えられます。

これが見えてきたら、次の打ち手へと進むことができます。
その周辺記事の強化です。

「クレジットカード 未成年 年会費無料 即日」でアクセスがあったのであれば、
・未成年向けのゴールドカード
・即日発行で家賃支払いに便利な学生向けクレジットカード
・留学やバックパッカーをしたい学生向けクレジットカード
・オーストラリアに留学するならこのクレジットカードが便利
・ドイツで日本人が使える即日発行のクレジットカード

などと周辺の記事を強化します。

これによって、さらに多くの複合キーワードでのアクセスを集めることができるでしょう。

成果が少しずつあがりはじめる

飛ぶ鳥

この記事強化を積み重ねていくことで、成果が少しずつあがりはじめるはずです。
ここまでくれば、さらに記事を強化する、もう少し競合が強そうな2単語のキーワードを狙ってさらに質の高い記事を書いてみる、という打ち手ができるでしょう。

「アクセスが集まらないサイトで何をすればいいのか悩んだら2000文字✕20記事書く」ということをぜひ実践してみてください。
成果があがらないサイト運営脱出の糸口がここにあるかもしれません。

関連記事